竹本啓哉「強い人に勝ち発信していくことでグラジエーターのベルトの価値を高めていきたい」

竹本啓哉「強い人に勝ち発信していくことでグラジエーターのベルトの価値を高めていきたい」

2020年2月、Gladiator(グラジエーター)のバンタム級王座決定戦を制し念願のベルトを獲得した竹本啓哉。近年ではすっかりオールドタイプである?ブラジリアン柔術での戦い方を信条とする純寝技系MMAファイターだ。

過去に怪我もあり、2018-2019年は様々な”逆境”にも晒されていたことから、殊の外嬉しかったであろうことは想像に難くない。

ファイトスタイルだけでなく、考え方やYoutubeチャンネルもユニークな竹本啓哉に話を聞いた。

※現役選手は一部敬称を省略させていただきます。ご了承ください。

プロフィール

竹本 啓哉(たけもと たかや)
愛知県名古屋市出身/グラジエーターバンタム級チャンピオン
大学在学中に総合格闘技道場ALIVEに入門。学生時代は柔道部。ノゲイラvsボブサップ戦を観て感動、プロ格闘家を志す。2006年にプロデビュー。2020年「グラジエーター」バンタム級王者決定戦にて神田周一に判定勝ちし念願のベルトを獲得。毎試合、計量の度に関係者をハラハラさせる「竹本劇場」は特に有名。
普段はブラジリアン柔術やMMAのインストラクターも務める。土肥潤、渡部修斗、神田周一など特定の選手との再戦が多いのも特徴。

https://aliveacademy.net/fighter/mma_04.html

SNSアカウント

インタビュー

ちょっと時間が経ちましたが、チャンピオンおめでとうございます。プロ格闘家を目指した時を振り返っていかがですか?

アマチュア時代は膝をケガしたり、同期はおろか後輩にまで先を越されたりと色々ありましたが、諦めず続けてきた自分を誉めてあげたいです。

− 念願のベルトをGET!

関連記事

それにしても2018年〜2019年(注)は色々と心配しましたので本当に良かったです。涙

反則というやっちゃいけない事もしましたが…この先、人より語れる事がひとつ多くなったと思ってなるべく肯定的にとらえてます。

ホントすみません…

注:「Fighting NEXUS」王座決定トーナメントでの失格騒動など逆境に晒された

グラジエーターや櫻井代表へも恩返しできたのではないでしょうか?

ベルトを戴冠できたという事でグラジエーターのバンタム級を代表する選手になったという自負はありますが、僕がこれから強い人と闘って勝ち、また発信してゆく事で、グラジエーターのベルトの価値を高め、結果恩返しになるのではないかと思ってます。

− グラジエーターの櫻井代表と

ALIVEにとって初めてとなるグラディエーター のベルトです。これであのBIGな先輩方に肩を並べました…か??

実際はまだまだ遠くに見えているのですが、一般の人からするとベルトを持っているという意味で先輩方との差が分かりにくいと思うので、今後肩を並べられるよう引き続き精進していきます!

− まだ遠くに見える先輩Aと先輩B

所属ジムでは柔術のインストラクターをされていますが、指導するにあたっての考え方や、柔術への想いを教えてください。

僕のブラジリアン柔術の原風景は(MMAの試合になるんですが)アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ選手がボブ・サップ選手に腕十字を極めたシーンです。

その時、腕十字の仕組みにすごく感動し柔術に興味を持った事もあって、クラスに来た柔術を初めて見る方が技の仕組みに感動し、楽しく柔術を続けてくれるようなクラスを心がけています。

ブラジリアン柔術は見るよりやる方が楽しく、そしてやり込む程に楽しいスポーツだと思うので、キャリアが浅い人でも楽んで続けて欲しいです。

ワタナベ”関羽”マサノリ選手とはお互いセコンドについたり、緑と黄で一緒に目立ったり、ナイスコンビな様子ですがいかがですか?

ワタナベはセコンドの際むちゃくちゃ献身的です。僕も結構相手を分析するタイプなんですが、彼はまた別の視点で分析してくれるので大変助かっています。

また、彼の非常にポジティブな性格には試合前の緊張してる時に助けられてます!!

ワタナベ”関羽”マサノリ
元公務員からプロ格闘家に転身した異色のファイター。緑の髪の毛がトレードマーク。「関羽」と言うリングネームは某先輩Aから付けられたらしい。

渡邉選手以外にも竹本スタイルを慕う若手達は多いように感じます。これは「タカヤ軍団」の結成ですね!?

格闘技の技術面で、自分も抱えていた同じ問題で困っている選手志望の子にちゃちゃを入れまくってたからですかね?

嬉しいです~♫

− 新生タカヤ軍団!

かなり脱力系のYoutube配信をされてますが、見所や楽しみ方をPRしてください。

ブラジリアン柔術やMMAをポップに広めれないかな、と日々思考錯誤しております!格闘技に怖いイメージを持っているお知り合いなどにお見せ下さい!

あとチャンネル登録してください!

<Youtube:竹本の実験室>
https://www.youtube.com/channel/UCBasotVo90eAizlhTWtVK4g

最後に、当面の目標だったベルトを獲りました。次の野望を教えてください。

韓国で試合をしたかったのですが、コロナウィルスの影響で海外に行くのはしばらくは難しそうですね…

まず当面は格闘技を続けること。

長期的には格闘技だけやって生きて行くべく、今後も思考錯誤していきます!

インタビュー後記

体重管理に関する独特の持論や柔術着を普段着にするなど、ユニークでマイペースであるがいつもニコニコ親みやすい。かと行って朴訥な訳でもなく会話を振ると妙位即答が返ってくる。

MMA興行での集合写真でも、筋骨隆々オラオラ系の選手達が居並ぶ中で一人だけ真反対の風貌で写り込んでいる。それでいてチャンピオンなのだから面白い。

そんなこんなで格闘家としても人間としても一風変わった竹本啓哉(褒め言葉です)。コロナの自粛期間中に体重が”ちょっぴり”増えたとの話が少々不安ではあるがw、海外での試合や他団体王者との対戦、そしてRIZINでの金太郎戦実現にも個人的に期待したい!

竹本選手のご協力に深く感謝します。

フォローすると最新情報が届きます

総合格闘技カテゴリの最新記事