濱崎喜仁さん「格闘技は多くを語らずとも相手と楽しめる大切なもの」

アライブ三重の重鎮濱崎さんは「爽やか・イケメン・強い」の三拍子、かつ明るい人柄もありブラジリアン柔術界でも(多分プライベートでも)モテモテの一人。 また、日本中のラーメン店を訪れたという格闘技界屈指のラーメン好きでもある濱崎さんに、今回は格闘技についてだけでなくラーメンについてもお話を伺った。 インタビュー コロナ自粛は解除されつつありますがJBJJFの試合予定は白紙です。また練習にも影響があると […]

竹本啓哉「強い人に勝ち発信していくことでグラジエーターのベルトの価値を高めていきたい」

2020年2月、Gladiator(グラジエーター)のバンタム級王座決定戦を制し念願のベルトを獲得した竹本啓哉。近年ではすっかりオールドタイプである?ブラジリアン柔術での戦い方を信条とする純寝技系MMAファイターだ。 過去に怪我もあり、2018-2019年は様々な”逆境”にも晒されていたことから、殊の外嬉しかったであろうことは想像に難くない。 ファイトスタイルだけでなく、考 […]

中井祐樹さん「格闘技とは人生とイコール、もしくはそうなりうるもの」

今回はパラエストラ・ネットワーク筆頭代表であり、日本ブラジリアン柔術連盟(JBJJF)の会長である中井祐樹先生にお話を聞いた。 言うまでもなく、中井先生の実績や逸話については様々な書籍やメディアで既に紹介されている。そこで今回は身近な活動についてやパーソナルなことについてお聞きしたいとお願いし、ご快諾をいただいた。 中井先生は私が格闘技に関わる以前から存在を知っており畏怖の念を持っていた方なだけに […]

細川顕さん「全員をそれぞれの才能の行き着く先まで導いて行きたい」

名古屋で自身のジム「ALMA FIGHT GYM HOMIES」を主催する細川代表は、柔術で国内TOPクラスの実績を誇る日本ブラジリアン柔術連盟の殿堂入り選手の一人だ。実績面については既に様々なメディアでも出ており、今更言うまでもないだろう。 そこで今回は主に、大好きだと言うプロレス面にフォーカスを当てて話を聞いた。「時は来た、それだけだ」と言ったかどうかは定かではないが(多分言っていない)、&# […]

鈴木陽一さん「今後の格闘技道場は社会性や地域貢献、健康のアイコンとなる事が求められる」

2019年で創立20周年を迎えた格闘技道場ALIVEの鈴木陽一さん(通称:社長)は、格闘技界きってのワーカーホリックである。 実績あるプロ格闘家を輩出し多くの道場生を抱えるジムを運営するなど、格闘技業界の本流を歩きつつ、BtoBビジネスの開拓や社会貢献にも励むなど「格闘技ビジネスのパイオニア」とも言える存在だろう。 道場で選手と共に汗をかき、時にナショナルチームに指導し、時に企業へ健康コンサル、時 […]

渡辺直哉「習った事や練習した事が結果に繋がればそれで良い」

日本のブラジリアン柔術激戦区であるアダルト軽量級の中で、TOP戦線を虎視眈々と狙うのが若手のホープ渡辺直哉だ。 普通の若者ならば遊びたいであろう若い盛りながら、選手として兄である渡辺翔平と共に練習に打ち込み、確実にBIGタイトルに近づいている。 普段はシャイで無口、でも兄の話になると饒舌になる渡辺直哉に話を聞いた(ちなみに兄の顔はイカツイが弟はベビーフェイス)。 ※現役選手は一部敬称を省略させてい […]

杉山廣平「僕はオールラウンドなMMAファイター。でも喧嘩ファイトはいつでも出来る」

軽量級のオールラウンダーにして東海地区期待の若手である杉山廣平だが、4月に決まっていたパンクラスの試合(対戦相手:有川直毅)がコロナの影響で7月に順延となった。 一度練り上げた気持ちのリセットと練習環境の変化、そして順延スケジュール自体も予断を許さない状況の中で話を聞いた。 ※現役選手は一部敬称を省略させていただきます。ご了承ください。 プロフィール 杉山 廣平(すぎやま こうへい)愛知県知立市出 […]

樽下圭司さん「格闘技を通じて得た人生経験は私の財産」

先日お話を聞いた大原道広さんから「キャリアや人間性からも一度詳しく話を聞いてみたい方」と推薦があったのが樽下さんだ。 吉岡広明代表が主催するパラエストラ和泉に所属されつつ、ブラジリアン柔術以外にも様々な格闘技を経験されている樽下さん。個人的にも関西の格闘技業界の方々には少々縁遠かったこともあり、前回の宇原さんに引き続いて願っても無い機会だった。 インタビュー SNSを拝見すると野外でトレーニングを […]

宇原浩一さん「社会で頑張っている方々に、試合で勝って手を挙げてもらう瞬間を味わってもらいたい」

今回の登場は河村英知さんより推薦があった宇原浩一さん。 なんでも河村さん「黒帯昇格の勢いで宇原さんに二度挑んだ」ものの2連敗を喫したという。そんな”黒帯の厚い壁”へのリスペクトと想いがあるとのこと。 宇原さんは奈良市で「NR柔術」を主催されている。2020年現在でブラジリアン柔術のマスター5カテゴリ(51〜55歳)でありながら年齢カテゴリー関係なく試合に出場されている傍では […]

堀内盛太さん「ポジティブになれるのもネガティブになってしまうのも柔術」

三重県度会郡を本拠地とし、試合の度に日本全国を東奔西走。 JBJJF(日本ブラジリアン柔術連盟)の2019年間ランキング一位に輝いた堀内さん。今年1月には黒帯に昇格した「三重の小さな巨人」である。 都市部に比べ決して練習環境が充実しているとは言い難い中で、パワフルに活躍を続ける堀内さんに話を聞いた。 インタビュー まずはJBJJF年間ランキング「男子マスター1~2茶帯の部」一位、そして黒帯おめでと […]